W3vina.COM Free Wordpress Themes Joomla Templates Best Wordpress Themes Premium Wordpress Themes Top Best Wordpress Themes 2012

木林映画

Read more »

『緑の牢獄』製作支援プロジェクトがスタート!

 

映画『緑の牢獄』制作皆様からのご支援をクラウドファンディング特設サイトにて賜っています。

 

三部作HPメインビジュアル_緑の牢獄_10

緑のジャングルを搔き分けて進んでいくと、

廃墟となった炭鉱とそこに埋もれた人生の記憶があった。

 

沖縄県西表島、白浜集落に住む橋間おばあは、「緑の牢獄」での悲痛な物語を伝える数少ない一人である。戦前、台湾人などの植民地労働者が西表炭鉱に連れて来られ、過酷な労働環境のもとで働かされていた。この炭鉱は密林に囲まれ、その彼方には大海原が続く。坑夫たちにとってそれはあたかも自然の牢獄に等しかった。

 

橋間おばあは、台湾から坑夫たちを募集して、炭鉱で働かす仕事をしていた楊氏の娘である。彼女は当時11歳の時に、「 童養媳(トンヤンシー、一種の売買婚)」として、台湾から西表島に渡った。92歳になった橋間おばあの人生を顧みれば、そこに幸福が訪れたことはあっただろうか。「童養媳」として、「炭鉱の子」として、彼女の人生はずっとこの島に囚われてきた。今はたった一人で暮らしている。子供たちは、上京したのち行方不明となる者、出稼ぎに行った土地で病いで倒れる者、他の子供たちもこの島とは疎遠になった。人生最後の時は近づき、彼女は自分自身の人生にもう一度問いかける。

 

本作は、多くの人々に歴史の断片を体感してもらいたいという思いから、ドキュメンタリー映像に劇映像を加えた歴史再現映画を目指しています。 この度、製作費を募るためのクラウドファンディングを映画『海の彼方』の劇場公開と共にスタートさせました。

 

クラウドファンディングサイトMotion Gallery『緑の牢獄』制作支援プロジェクトの詳細は、下記よりアクセスしてください。https://motion-gallery.net/projects/greenjail

 

【八重山ドキュメンタリー三部作:「狂山之海」プロジェクトについて】

『 狂山之海 (くるいやまのうみ) 』は、「八重山の台湾移民」をシリーズ的に描くドキュメンタリー映画三部作です(『海の彼方』、『緑の牢獄』、『両方世界』)。台湾人監督の黄インイクが、2013年にスタートさせました。『狂山之海』三部作に関する詳細は、以下の公式サイトをご覧ください。

「狂山之海」ウェブサイト:www.yaeyamatrilogy.com

 

 


error: Content is protected !!